ジョン先生によるアシュタンガヨガワークショップ

ジョン先生によるアシュタンガヨガワークショップ

〜プラーナとプラクティス〜

あなたのハートセンターにある「空」を見つけましょう。

 私達の人生において、練習中やそれ以外の時も呼吸は、私達にエネルギーを与え、マインドに直接働きかけ、感情を理解する中心的な役割を果たしています。

このワークショップでは、練習中やそれ以外でより喜びや気付きをもたらすための呼吸へのアクセス方を獲得します。

アシュタンガヨガは、本来、 “呼吸と動き”と言われ、非常にパワフルな方法でマインドのより深い層にアクセスしていきます。しかしながら、多くのアシュタンガヨガの生徒は、より深い呼吸と活気ある練習をする事に難しさを感じています。

このワークショップでは、呼吸を深めるために異なるテクニックとエクササイズを行い、深い気付きのある呼吸を練習と融合させていきます。私達は、練習の中で エネルギッシュに、安定した、更なる気付きを養う助けとなるパワフルな呼吸をどのように築きあげていくかということに集中していきます。

プラーナについての知恵は、マインドの微細な層にアクセスすること、そしてより深遠な練習を構築する内なる集中にダイレクトに働きかけます。 呼吸の世界への探求、人生と練習に生命力をもたらしましょう。 皆さんのご参加をお待ちしてます。

 

日時:6/23(日)13:00〜15:00

参加費:4000円、5月WSに参加の方は3500円(申し込み時にお知らせください)

場所:神戸元町スタジオ

 

お申し込みはメールにて受付中です
MAIL info@yoga-sundari.com
お申し込みの際はWS名、お名前、ご住所、お電話番号をご記入ください。

スマートフォンからメールを送られる場合はこちらからの返信が受信できるよう設定の確認をお願いいたします。

 

ジョン・ヴィンセント・シュレーダー
ジョンはケンタッキー州でロッククライミングを開始し、後にアメリカとカナダを回って登り始めました。集中、規律、芸術の要素を組み合わせた登山の挑戦は、自然の平穏で練習されたすべてが彼の存在に深い印象を与えました。その後、彼は禅を通して仏教を知り、瞑想と瞑想の古代芸術に魅了されました。
彼は20歳の時にヨガ出会いました。体を動かして内部の透明性と平和を養うための完璧さは彼の人生を変える神秘的な伝統と、動きと調和は彼の魂を魅了します。
彼は2007年に日本で初めてマイソールスタイルのアシュタンガクラスを受講し、ヨガにつながりたいとの深い関心を呼び起こしました。2008年に、ジョンは東と東の知恵を求めてインドとネパールを旅行して1年以上過ごし、彼は様々な教師と練習し、指導者を迎え、12以上の瞑想のリトリートに参加しました。
長年にわたり多くの形のヨガに興味を持ち、HathaとTantraのヨガのさまざまなスタイルのトレーニングを完了しましたが、Ashtanga Yogaの実践は彼の主な精神的なSadhanaとして戻ってきました。
ジョンは禅、Advaita Vedantaとキリスト教の神秘主義のルーツを持つ瞑想的な練習と訓練されたアサナの練習を組み合わせています。彼の教えは、その精神的な本質と古代の瞑想的なプラクティスの静けさに動くアサナの練習を結びつけます。
長年に渡って3つの500時間の教師養成コースを受け、いくつかの上級アシュタンガ教師 – ナンシー・ギルゴフ、デイヴィッド・スウェンソン、チャック・ミラーから学び、David GaragesとSharmila Desaiの指導の下で研究し続けています。
2018年7月には、グル・シャラト・ジョイスとの勉強のために2回目のマイソールに訪れアシュタンガインタミディエートシリーズAuthorized Level 2を取得しています。